髪カラー

白髪の予防は確立されていないが生活習慣は大切

白髪予防は確立されたはいませんが、多少なりとも有効であることがいくつかあるとされています。そのなかで大切なのは第一に食物の取り方です。カルシウム、銅、亜鉛、ビタミンA群、ビタミンB群、ビタミンE、ビタミンC、そしてタンパク質をバランスよく摂ることが大切です。

これだけの栄養素を毎日取るには、献立をきっちりして新鮮な野菜も食べるようにしないといけないので野菜嫌いの方には辛いかもしれません。しかし、野菜は健康に暮らしていくために必要な栄養素がたくさん入っています。いろいろ工夫をして野菜を食べられるようにしましょう。

次に大切な事はストレスをため込まないようにすることです。ストレスでも白髪は発生するようなので、気晴らしをしたり楽しい趣味に没頭したりと、リラックスする時間をなるべく作るようにすると良いと思います。

それから白髪に限った事ではなく、人が生まれてから成長するときには成長ホルモンが作用しているようなのですが、若さを保つのにも成長ホルモンは一役担っていて、白髪が増えるのを防ぐという意見もあるようです。

成長ホルモンは睡眠中や、筋トレをおこなうことによって分泌されやすく、睡眠は22時~2時近辺にしっかり取ると成長ホルモンが多く分泌されるとのことです。

内臓器系が元気ならば白髪の発生は減るらしいので、暴飲暴食に心当たりがあるならば腎臓や肝臓の機能が低下しないような生活を送るように心がけましょう。

また、辛い食べ物を控えると髪の毛には良いようです。これは、刺激物が血管を委縮し血液の循環を妨げるために髪への栄養が届きにくくなるからです。

最後に予防とは少し違いますが、白髪を抜くと白髪が増えるから抜かないほうが良いということへの回答です。このような事実は全くなく、抜いて白髪が増えるということはありません。それよりも、髪の毛を抜くとその毛根が死んでしまったりするので、いい事はないようです。むしろ抜かずにそのままにしておくと黒くなる事もあるので、気になるようならば白髪だけ短く切ったほうが良いようです。