カラートリートメントについて

髪カラー

カラートリートメントは髪へのダメージも軽減してくれる

カラートリートメントに興味を持つのは思春期に入ってからは当然のことで、学生の時に髪の色を変える方も多いのではないでしょうか。気にいった色を使い続けたり、さまざまな色を楽しんだりと人それぞれだと思います

カラートリートメントに慣れてくると、髪の傷みは気にせずに、ブリーチ、パーマなどするようになると思います。ただし、ブリーチやパーマをすると痛みが気になることも多く髪や頭皮が痛みます。それでも、髪や頭皮の傷みよりもファッションを優先するかたがほとんどでしょうね

あまりブリーチやパーマを続けると、髪の毛を少し引っ張ると切れてしまうようになりギシギシになってしまいます。美容室で聞いたお話だと髪の事、頭皮の事を気にしてブリーチをやめる方も多いようです

けれども黒髪にするのも嫌だということでカラーリングを選択する方が多いようで、一番明るい色を使ってカラーリングするとかなり明るくなります

ブリーチやパーマは頭皮が痛くても仕方が無いと思っていましたが、カラートリートメントでも頭皮が痛くなる方もいます。さらに、カラートリートメントやパーマを促す温める機械を当てられるとさらに痛みが増すかもしれません。程度はひとそれぞなので美容室で痛ければ機械を止めてもらうなどきちんと意見を言いましょう

カラートリートメントはブリーチやパーマ程ではありませんが当然髪も傷みます。けれども傷み具合は低く、髪を保護する成分も入っているのでナチュラルな仕上がりになります

染めた数日後に大量のフケが出て痒くなったりしますが一週間程で元に戻ると思いますので問題ないでしょう。髪の毛が伸びると新しい毛は黒くドーナッツ状に見えるので、生え際だけを一カ月半くらいの間隔でカラーリングするときれいな状態が保てます

カラーリングを少し暗めの色にすると、脱色する液体も使う分量が少なくなるので傷みは少ない体感になります。皮膚が弱いと感じている方は暗めのカラーにした方が良いかもしれませんね

最近は技術も進歩して、髪や頭皮のダメージを少なくする商品もたくさん発売されているので、ブリーチやパーマで髪の毛が傷みやすい方はカラートリートメントをうまく使い髪のカラーを調節するようにしましょう。