髪カラー

白髪の原因は人によって違うみたいです

私達の髪の産毛は、最初はみんな白髪の状態です。 髪の毛が伸びるにつれ、メラニン色素と言われる細胞が白髪の産毛に黒く色を付けます。メラニン色素には、髪を黒くするユーメラニン色素と、髪を黄色くするフェオメラニン色素があります。

日本人は、ユーメラニン色素の値が高いので髪の毛が黒く見えるのです。メラニン色素は、血液中から皮膚へ供給される「チロシン」と、銅イオンを含む分子の「チロシナーゼ」によりメラニン色素が作られています。

そして、そのメラニン色素を作る場所をメラノサイトと呼びます。従って、白髪の原因はチロシンとチロシナーゼの不足、メラノサイトの機能の低下が原因だと言われているようです。

また、白髪は遺伝的なものや、精神的ストレス・肉体的ストレス・全身の衰弱などによって、メラニン色素を生産する機能に影響を与えてしまうのも、白髪になる要因でもあります。

その他に、歯を白くする事で知られるホワイトニング剤には、強い過酸化水素が含まれており、ある実験では白髪率が200%も増えてしまったようです。

喫煙や紫外線、睡眠不足も白髪になる原因でもありますが、メラノサイト機能を活性化させる事で白髪の改善や対策が出来るとされています。