髪カラー

髪の毛が黒くなる成分チロシンを含んだ食品を夕食で摂る

白髪でお悩みの方、多いと思います。若白髪は長生きする、とはよく言いますが、気になるものは気になりますよね。根元や生え際部分は特に目立ちます。伸びてきて一番目立つ場所ですから、染める期間もかなり気にしていないといけませんね。

老化や加齢も白髪の原因の一つではありますが、負けずに根本から改善していきましょう。髪の毛の黒い色素、あれはチロシンいう栄養素です。シミの原因となるメラニンの材料ですので、積極的に摂取するのは躊躇しますね。

でも、メラニンは紫外線に当たることでシミになりますから、紫外線対策をキチンとすれば怖くはありません。

実際に、シミを改善するサプリを飲んでいたら美白効果はあったけれども、白髪が増えたという方がいます。チロシンの減少が原因かもしれません。チロシンを多く含む食材を摂取しましょう。

その代表的な食材はチーズと大豆です。お豆腐なら1日に50グラムから200グラムくらい摂取すれば良いかと思います。これなら、続けられそうです。また、チロシンは、ビタミンB6との相性がいいので、一緒に摂ることで効果が上がります。

ビタミンB6はニンニクや唐辛子に多く含まれているので、冷や奴に食べるラー油を載せても良いかもしれませんね。また、チロシンの吸収がピークを迎えるのは摂取して2、3時間後です。

髪の毛が生え替わる睡眠中にピークを持ってくるために、夕ご飯で摂取するのが効果的だと思われます。