髪型に合う髪のカラー

髪カラー

髪型に合った髪のカラーでおしゃれを楽しもう

女性にとって顔のメイクはとっても重要で大切であるうえに、メイクの仕方や工夫によっては職場に友人や周りの方々の見た目などの印象を強く与えると思われます。

もちろん、スタイルなどの引き締まったボディーラインを維持する事などでも同じ事が言えるのですが、髪にだってヘアカラー剤などでオシャレに染めたりする事でさらに強く印象を与える効果があります。

そこで、女性のがヘアカラー剤を選ぶ際に注意したほうがいい点を説明させて頂きたいと思います。

現在はさまざまな種類のヘアカラー剤がありますが、市販のヘアカラー剤で経済的に染める方もいれば、美容室などでのお金と時間をかけてムラ無く丁寧に染めてもらう方もいると思います。

市販のヘアカラー剤で染める方は、どんな種類のベースカラーがあるのか見本をしっかりと確認しておき、自分の染めたい色合いのヘアカラー剤よりも、1つ上の明るさの色を選ぶことをお勧めします。

理由は、美容室で染める場合には美容師さん独自のヘアカラー剤や技法を使うので、一般に市販されているヘアカラー剤を使用した染め方のほうが染める力が弱く、想像していた色と違う色に染まることになるからです。

また、市販のヘアカラーで染めると、どうしても満遍なく丁寧に仕上げる事が難しく、染め残しがあったりするので濃い色だと目立ってしまいます。

ヘアカラーには液状タイプ、クリームタイプ、泡タイプなど種類があるので特徴を理解して使うようにしましょう。一般的には泡、液状、クリームの順番で簡単に染める事ができます。

髪型に合ったヘアカラーは髪質と肌の色や目の色、室内外から決まってきます。あくまでも一般的な解釈なので最終的には自身の好みで決めて良いと思います。

まず、抑えておきたい事が人それぞれの髪質により色の染まり方が違うということです。これは、髪質によって含まれるメラニン色素の量が違うので、染めたときに出る色合いが異なってきます。

黒く太い髪質の場合には赤みが出るのでレッド系ブラウンやオレンジ系ブラウンがおすすめです。逆に、茶色く細い髪質は黄色みが出るので薄いブラウンやアッシュ系ブラウンが良いでしょう。