ヘナの白髪染めについて

髪カラー

肌にやさしいヘナの白髪染めは人気が高い

ここ近年《ヘナ》の白髪染めがブームになっています。

ヘナはインド周辺諸国に自生している、ミソハギ科の低木植物が原料で、古くから薬や染料として用いられていた植物。

髪の毛の主成分のケラチンとは、相性がよいとの事から髪の毛を傷めずに自然な色に染め上がりトリートメント効果があるようです。

もともと市場で流通してブームになる前から、美容院や美容室の白髪染めとして《ヘナの白髪染め》が使われています。

《ヘナの白髪染め》粉末状のタイプが多いかったようです。

最近ではヘナの成分を配合した、白髪染めのヘアカラーや白髪染めのカラートリートメントなども開発、市販されいます。

美容室や美容院で白髪染めすると、時間がかかるけど髪の毛が傷まない。

でも市販品の白髪染めだと、自分でするからか最近髪の毛傷んだような…早く色落ちが…という事が、ヘナの白髪染めが市場でブームになる前にはあったようなんです。

インド周辺諸国に自生する低木植物の、ヘナの白髪染めは髪の毛にも優しく、自然に染まりトリートメント効果がある事で人気です。

髪の毛に優しいヘナの白髪染めは、地球の環境にも優しい天然成分が注目を集めて、近年見直され てさらにブームを手伝っているみたいです。

大事な髪の毛と、地球環境にも優しいヘナの白髪染めで、きれいな髪を維持に使ってみて下さい。