髪カラー

敏感肌の方はカラートリートメントやヘアーマニキュアを使おう

ヘアカラーはその人のイメージをガラッと変えてくれる施術として人気ですが、敏感肌の人にとって頭髪に薬液の刺激を与えてしまうヘアカラーは、少し躊躇してしまうのではないでしょうか。

ではヘアカラーが、敏感肌の人の頭皮に与える影響とはどのようなものでしょうか。例えば美容室で使われたり、薬局等で市販されているヘアカラーを例に挙げますと、大抵のものが、アルカリカラーを総称したものが、ヘアカラー剤の中心となっています。

一般的には、お洒落染め、白髪染め共に、1剤と2剤にわかれており、アルカリ剤である1剤に過酸化水素である2剤を混ぜ合わせてから髪に塗布します。そして、しばらく放置する事で髪を染める事ができますが、敏感肌の人ですと頭皮がヒリヒリしたり、赤くなったり、頭皮の皮が突っ張るような感覚を覚える事があります。

酷い方ですと、かぶれたり、かさぶたになる等の症状を伴う事もありますので、敏感肌の方は特に、使用には注意が必要と言えるでしょう。

しかし、敏感肌の方でもヘアカラーを楽しみたい場合には、カラートリートメントやヘアーマニュキュア等の商品でしたら頭皮を傷める事無く、手軽にヘアカラーを楽しむ事ができますので大変おすすめです。

特に、カラートリートメントは頭皮に優しい自然由来の成分を配合したものが人気となっており、使う度に艶やかになると評判ですので、まるで髪が蘇るような感覚を覚えるでしょう。敏感肌だからとヘアカラーを諦めていた方にはアルカリカラー以外の薬液を使ったヘアカラーに挑戦してみるのも良いかもしれません。